施設の職員が教える書道レクリエーション

書道レクリエーションとは

外部講師を呼ばずに施設の職員が書道の先生となって、入居者やサービス利用者に書道を教えるというものです。書道レクリエーションでは、「筆を持っていた昔を思い出す」、「意識して腕を動かす」、「背筋がのびる」、「次はうまく書こうと向上心が芽生える」など共に、最近では筆を使った細やかな動きに集中することで脳にも良い影響があるということが分かってきています。また、参加される方の健康状態や知能障害の程度を知る機会ともなります。

弊社では書道を教えた経験がない職員でも質の高い指導ができるように教材を整えています。

なぜできるのか

弊社は書道教室の運営を主とし、多数の生徒を指導し、多くの先生を育ててきました。また“書道の家庭教師”として出張型で指導にいっていただく方の支援もしております。こうして書道の指導者を育て、支援する活動を行っている弊社だからできるサービスです。

サービス内容

毎月発行されるお手本と指導用教材

お手本は毎月弊社から事業者様へ郵送されます。お手本に同封して指導用教材もお届けいたします。この指導用教材をご覧いただき、指導ポイントを把握することで入居者やサービス利用者に適切な指導が可能となります。

教材の特徴

筆の角度、腕の動かし方、とめ、はね、ハライ・・・お手本を見ただけではわからないポイントが指導用教材を見るとまるわかりです。
指導用教材は長年書道教室を運営してきた教師陣が監修しています。そこに書かれた指導ポイントを個人に合わせて指摘してあげれば、指導を受ける方が職員のみなさまを支障なく先生として見ていただけることをお約束します。

施設での書道指導に関する基礎知識、指導法の導入動画を配布

弊社教師の長年に渡る施設での指導により培ったノウハウがつまった講習動画をお渡しします。こちらをご覧頂きながら基礎練習をしていただくことで、書道経験が少ない職員の方でも指導法を理解して適切な指導が行えるようになります。うまく書けているところや上達した部分には大きくマル○をつけてあげるのも大切です。

複数回の指導に対応

基本の料金で2種類合計20枚のお手本がついています。月に複数回の書道のお時間を設定できます。必要に応じてお手本の追加も可能です。

料金

基本料金 1ヶ月3,600円(税別)※毎月のお手本送料込

外部講師を呼ぶよりも費用を抑えることができ、独自で行うよりも質の高い書道レクリエーションを入居者やサービス利用者に提供することができるようになります。

資料請求

資料請求で、添削教材を一度ご覧になりませんか?

資料請求からの流れ

  • 資料請求
  • 資料到着後お電話にて弊社職員がご説明
  • サービス利用申込み
  • サービス開始

※お道具等必要物品も弊社からご購入いただけます。

ページトップへ