よくあるご質問

よくあるご質問

当協会によく寄せられるご質問です。ご参考下さい。

家庭教師に関するご質問 詳細はこちら
認定試験に関するご質問 詳細はこちら

家庭教師に関するご質問

平日の遅い時間帯や日曜でも、指導を受けられますか?

はい。受けられます。
ご都合に合わせて、指導時間や曜日をお選び下さい。平日21時以降の遅い時間帯や休日の指導も大丈夫です。
もちろん、途中で変更もできます。

部屋が狭くても、指導を受けられますか?

はい。受けられます。静かな環境であれば、居間でも食卓でも指導はできます。

兄弟・姉妹やお友だちと一緒に、指導を受けることができますか?

はい。二人以上の指導も行っております。
人数による割引サービスもございますので当協会までご連絡下さい。

途中でコースの変更(時間・回数・科目など)はできますか?

途中でのコース変更が可能です。
お客様のスケジュールに合わせて、時間・回数・科目などを変更できます。ただし翌月からとなります。

指導日の変更はできますか?

指導日の変更も可能です。
どんな理由でお休みになっても、必ず別の日に指導を受けることができます(翌月まで)。
別途料金は掛かりませんのでご安心下さい。

教師への飲み物や食事の用意は必要ですか?

必要ありません。
教師が飲み物や食事を求めることはありません。ご安心下さい。

県外へ転居しても、続けて利用できますか?

近畿地方のみのサービス提供となります。
順次拡大予定ですので、詳細はHPにてご確認下さい。

家庭教師はどうやって決まるのですか?

ご希望に合った教師を紹介します。
ご家庭からのご希望に合わせて、登録している教師の中から条件に合う教師をご紹介します。

体験指導はありますか?

体験指導は行っておりません。そのかわり1回からのお稽古が可能です。

家庭教師の指導に不満がある場合、交代してもらうことはできますか?

はい。できます。
教師との相性が合わなかったり、指導内容に不満があったりする場合は、ご希望により教師を交代することができます。交代に費用は掛かりません。

教材を買わないと、指導が受けられないのですか?

基本、買わなくてはいけない教材はございません。
高額な教材をお買い求め頂く必要は、全くありません。

ページトップへ

認定試験に関するご質問

3級書道技術師認定講座を受講すれば認定試験料が1年間無料と聞きましたが、追加料金は本当に発生しないのですか?

受講開始から1年間は無料にて受験出来ます。1年以内に3級書道技術師認定試験に合格されますと無料期間は終了になります。

書道技術師認定試験に合格した時、認定書の発行料などの料金請求はありませんか?

各試験に合格された方は、協会にて認定を受けて頂いております。
その際、認定料金が必要となります。詳しくは各種料金の頁を参照して下さい。

書道技術師の認定証等の証明証は頂けますか?

各試験に合格され認定を受けて頂いた方には、(社)日本書道技術師認定協会発行の「書道技術師認定証」をお届け致します。

書道技術師認定試験に合格すればどんなメリットがありますか?

書道には師範、段位、級位等各会によって様々なランク付けをされていますが、その実力は各会や団体により大きく差があります。
書道技術師には3級、2級、1級があり、個人の書道技術を有する事を証明するもので、その認定は公正に行われ全国統一基準で審査します。したがってこの書道技術師の認定を受けられたという事は全国統一基準審査により自らの書道技術の証明としてお使い頂けます。

認定試験は専用用紙使用と伺いましたが追加購入は出来ますか?

認定試験料をお納め頂くと試験用専用用紙が送られてきます、もし、書き損じなどをした場合は当協会に連絡頂ければお届け出来ます。ただし、この場合、用紙代と送料の実費が必要となります。

書道道具など購入は出来ますか?

当協会の指定書道用品(墨・墨汁・半紙・筆・その他用品)であれば購入可能です。また、当会の会員になられた方は会員価格にてご購入出来ます。

会員になれば特典などありますか?

(社)日本書道技術師認定協会の会員になられますと様々な特典があります。詳しくは会員募集のページをご覧下さい。

今、どこの会にも入っていませんが書道技術師の認定を受ければ書道教室を開く事は出来ますか?

書道教室を開き書道の指導をするには、中学生までの教育部を指導する教室は「3級書道技術師」、
一般までの方を指導する教室は「2級書道技術師」の認定を受ければ当協会のも教室を開設することが出来ます。

お問い合わせはこちら
日本書道技術師認定試験について
ページトップへ